ナース人材バンクのお祝い金

お祝い金ももらえるナース人材バンクで看護師の転職を

最近の看護師の実態

 

看護師は今の時代においても仕事につきたいものの中でも人気のある職種になっております。
しかしその一方ではせっかく資格をとって病院などの医療機関に就職しても離職してしまう多いのも現実なのです。

 

日本看護協会が2012年度に実施しました「病院における看護職員需給状況調査」によりますと、看護師の離職率は常勤で10.9%で新卒では7.5%となっております。

 

これはどちらも4年連続で減少はしています。
夜勤や残業などの労働環境の改善や勤務してからの研修体制の見直しなど、病院などの医療機関も積極的に行っているからではないでしょうか。

 

看護師は女性がほとんどを占めているので結婚や出産、子育てなどにより離職の要因は多くあります。
それでも一般の職種から比べればまだ高いものになっているのではないでしょうか。

 

離職の原因の一つになっています夜勤については、月あたりの夜勤の時間数72時間超える看護師は30%を超えていますしまた80時間を超える看護師も17%を超えているのです。

 

それにともない離職率の傾向といたしましては、月あたり72時間超える病院が離職率も高くなる傾向になるのです。

 

日本医療労働組合連合会が行った2012年度の夜勤実態調査では、2交代のうち16時間以上の長時間の夜勤業務を行っている看護師は減ってはきてはいるもののまだ50%以上の看護師が従事しているという実態がわかっています。

 

夜勤でのストレスは看護師によっていろいろな要因が考えられると思います。
最近では病院の入院患者も長期高齢化が進んでいて、認知症などの患者に対するものが看護師のストレスの原因となっているのも事実です。

 

また1人での病棟の担当となる場合においての、責任感からくる夜勤でのストレスは誰しも感じるものではないでしょうか。
看護師は独身で一人暮らしのうちはまだないでしょうが、結婚していて子供がいるような場合には家にいないということから不安感などのストレスもかかってくるものなのです。

 

このようなストレスが夜勤にかかってくることになるので、看護師として働いて行く場合にはこのストレスにどうやって対処していくかが重要なものになっているのです。

 

しかしながら離職率の高いことをみても、なかなか夜勤の軽減がなされておらず看護師という仕事から離れていく人は多いのです。
夜勤の影響は実際に勤務している時間帯以外にも影響を及ぼしているのです。

 

夜勤終わって帰って来てもすぐに休息が取れずに、十分に睡眠がとれていない看護師もいます。
生活が不規則になって体調を壊してしまう看護師もいるのです。

 

病院でのストレスと自分のプライベートタイムへの影響など看護師にかかる負担は大きいのです。
自分の健康管理はおろそかになりがちになってしまう看護師も多いのではないでしょうか。

 

まだまだ夜勤に対する病院などの医療機関の改善策は、徐々に進んで来て入るものの実態からみれば現実の看護師の希望通りにはいっていないのが現状なのです。

 

このような状況下でやはり看護師は転職を考えたり辞職する事を考える人は多いと思います。
今の勤務しているところより、夜勤の少ないところや残業時間のすくないところなど労働環境の違うところを探す看護師もいるのは当然のことと思います。

 

また労働環境だけではなく、給与や手当などの待遇を改善させるために転職を希望する看護師も多いと思います。
看護師という資格をもっていても辞めてしまって看護業務ついていない潜在看護師は全国に50万人以上もいると言われています。

 

労働環境や待遇などが不満で看護師を辞めるという事は、医療の世界においては大変な損失なると思います。
そのためには看護師をやめるという形ではなくて、今の病院から他の医療施設に転職という事の方が医療全体では好ましい事ではないでしょうか。

 

転職もの目的は看護師それぞれあると思います。
夜勤が少ない病院や全くないところなど、また休みが取りやすいところという理由もあるかもしれません。

 

場所により転職も考えられます。
田舎から都会に出て来てたい、逆にとら田舎や離島などに行ってやってみたいという人もいるのではないでしょうか。

 

もちろん、夜勤や残業などあってももっと給与や手当が高いところというような実益を求める人も当然います。
これらの理由から転職を希望する看護師は多いものです。

 

この他には今の職場の人間関係というものもあると思います。
特に看護師は女性職場であるので、女性特有の人間関係もあるのかもしれません。
人間関係さえうまくいっていれば勤務自ハードでもある程度は我慢してやっていける看護師も多いのではないでしょうか。

 

いずれにしても今の勤務している病院で不満やストレスを抱えたままで、ずっと我慢して勤務していく事は肉体的にも精神的にも辛いものだと思われます。

 

健康を害する前に新しい希望する条件での転職を目指す事も必要になってくるものと思います。

 

 

 

看護師の転職活動について

転職しようという気持ちが固まったのならば、どのような転職方法が看護師にはあるのでしょうか?
まずはいろいろお世話になっているがいるかもしれませんが看護協会があるでしょう。

 

ナースセンターとも呼ばれていますね。
ナースセンターでは看護師看護師を必要としている病院等の医療施設の仲介役を行っているところです。

 

ナースセンターでの転職までの流れは次のようになっています。
まずはインターネットからメールアドレスを登録して、IDとパスワードを取得します。

 

そのあとは名前や住所などの基本情報を登録します。
そして、求職票に自分が持っている資格や自己PRなどを登録します。

 

ここからは検索によって自分の希望条件などから自分いに合う病院等を見つける事になるのです。
気に入ったところがあれば紹介依頼をナースセンターを介して行う事になります。

 

その後、紹介が成立した場合には紹介状が発行されて、面接を受ける事が出来るのです。
面接の結果は、病院側が入力して、ナースセンターが採用か不採用かの登録を行う事になるのです。

 

このようにナースセンターでは、インターネット上から登録から面接に至るまでシステム化されているのです。
ただし自分で条件を選択して検索していくのですが、あまり細かな条件の選択肢はありません。

 

また、自分で検索するとなと勤務時間外で行う作業になりますので、時間的にも自分のプライベートタイムを犠牲にして就活していかなければなりません。

 

転職をしようと思っている看護師は、転職理由が夜勤や残業などによるものが多いため仕事が終わってからの自分で検索して転職先を見つけるという作業はとてもつらいものになるかもしれないのです。

 

ナースセンター以外では、ハローワークもあります。
ここでも基本的には自分で検索して転職先を探さなければいけません。

 

ハローワークはナースセンターとは違って、看護師専門というところではありません。
他のいろいろな業種に渡って就職を斡旋しているところですので、専門性という点ではやはりナースセンターの方を利用している看護師は多いのではないでしょうか。

 

ナースセンターやハローワーク以外には転職先を見つける方法はないのでしょうか?
今ではインターネット上には、数多くの看護師求人サイトがあるのです。

 

ここではもちろん自分で検索して探す事も出来ますが、コンサルタントという担当者があなたの希望からあなたに代わって希望条件に合致する医療機関を探してくれます。

 

これから転職活動を行う予定の看護師さんならば、一度は目を通しておいた方がいいと思います。

 

 

ナース人材バンクとは

看護師求人サイトの一つとして転職を目指す看護師に人気なところが、「ナース人材バンク」なのです。

 

ナース人材バンク」は、年間10万人以上の看護師さんが利用していると言われていて、実績No.1の転職支援サービスとなっているのです。(※2009年エス・エム・エス調べ)

 

またそのサービスの対象は、看護師・准看護師・助産師・保健師となっています専門の転職支援サービスとなっているのです。
これから転職活動する人や今は転職の予定がないが将来は、転職してみたいというような人にとっては使いやすい看護師求人サイトだと思います。

 

転職にいたるまでの過程ですが、まずはインターネット上で登録する事から始まります。
登録する事により、あなたの担当者となりますキャリアコンサルタントにあなたの希望条件、たとえば夜勤ががない日勤ばかりの病院や給与がいいところなど様々な内容を伝えておきます。

 

キャリアコンサルタントは、その地域の病院や他の医療施設についての求人情報について精通している人ばかりなのです。
あなたの希望条件に合わせてその地域での求人先を探してくれるのです。

 

また、もちろん自分でもインターネット上にて検索をして、自分が気にいった病院などが見つかれば問い合わせすれば転職活動が出来るのです。

 

転職したい病院等の医療施設が見つかれば、あとはキャリアコンサルタントが面接のセッティングやその病院に対する面接時の注意点などのフォローもしてくれます。

 

その他にも、キャリアコンサルタントは給与や手当、休日などの具体的な待遇や労働環境について求人側とあなたの変わりに条件交渉のサポートもしてくれるのです。

 

このように「ナース人材バンク」は看護師求人サイトとして、ナースセンターと呼ばれる看護協会やハローワークなどは違った看護師の転職として満足のいくようなサービスになっているために転職を目指す看護師にも人気が高くなっているのです。

 

離職率の高くなっています看護師の現在の労働環境において、転職を考える人は多いものです。
また転職を考えているだけではなく、実際に転職の行動をとる人も結構いるのです。

 

転職活動は一般の就職活動と同様に身体的にも精神的にも疲れるものなのです。
夜勤や残業で疲れた体の中で部屋に帰ってから、もくもくとパソコンに向かってインターネットで自分の希望条件から検索しながらの病院探しは大変な作業になるのです。

 

ただでさえ部屋に帰って来たら最低限の事をしたら、ひたすら寝るというような看護師は多いのではないでしょうか?
食事ですら自分で作るのが億劫になって、病院帰りにコンビニ弁当というような以前ならば独身の男や単身赴任の人と同じように行動になって来ていると思います。

 

病院やクリニックなどでの不規則な勤務や長時間労働が続いて行くと、私生活にも影響が出るものなのです。
また体力的にも疲れが残ってしまい、それが続くと健康面においても害する恐れが出て来てしまうのです。

 

このような状況においての転職活動は、大変な労働になってしまうかもしれません。
自分での転職活動はなかなか希望通りのところを見つけるのは困難なものなのです。

 

 

また自分で希望通りの条件での転職が出来た場合においても、実際に勤務してみたら条件と違ったという事も考えられます。
個人での転職活動では、このようなことが起こってもそれに対しての対応方法が難しいと思います。

 

雇われている立場で自分の主張を行う事が難しいのは、一度でも病院等に勤務した人ならばわかるのではないでしょうか。
条件の違いの他にも自分ではわからないこととしては、希望する病院やクリニックがどのような雰囲気なところなのかどういう人間関係なのかはわからないものなのです。

 

ナース人材バンク」では、このように希望条件と実際の勤務してみての違いがある場合にはきちんと対応してくれます。
また地域毎に病院やクリニックなどの病院施設の情報に精通しています、キャリアコンサルタントがいますので転職希望の病院等についての雰囲気などについても情報を持っていますので安心して、転職をお任せする事が出来るのです。

 

 

ナース人材バンク」の他の特色あるサービスとしては、非公開の求人情報を多数持っている事です。
これはナースセンターやハローワークではないサービスとなっているのです。

 

非公開案件とは、一般の求人は検索でも希望条件を入れて行けば出てくるのですが非公開の求人の場合には、検索しても病院やクリニック等の名前は出てこないのです。
これは病院やクリニック等の医療施設が、あらかじめ好条件のために応募が殺到しそうな案件は公開せずに求人をするからなのです。

 

 

ナース人材バンク」にはこのような人気の非公開案件が多数あるので、登録していれば条件のいい求人を紹介される可能性があるのです。
ナースセンターやハローワークにはこのようなサービスを受けるチャンスが「ナース人材バンク」にはあるのです。

 

この他にもきめ細かいサービスがあります。
希望地域や年収、手当の待遇面での希望以外にも、日勤のみの希望や託児所つきの病院などについてもキャリコンサルタントは探してくれるので、登録後のキャリアコンサルタントとの面接の時にはなるべく多くの希望を伝えておいた方がいいと思います。

 

 

もちろん「ナース人材バンク」のサービスは、登録からすべてのサービスが無料となっていますし厚生労働省から正式に許可を受けた求人紹介サービスなので、安心して転職活動をして行く事が可能になっているのです。

 

なぜこんなにサービスがあってキャリアコンサルタントの対応もあるのに無料になっているのか不思議な人もいるもかもしれません。
無料なのは、病院やクリニック等の医療施設から手数料をいただいているので、運営が出来ているのです。

 

これもやはり看護師を必要としています医療施設が多いからなのと、一方で看護師の離職が多いからだと思います。
こういうサービスがあるのならば使わない手はありませんよね。

 

また「ナース人材バンク」には他の看護師求人サイトにあるようあなお祝い金というのはありませんが、とても信頼感がおけるところなのです。

 

忙しい時でも、なにもしなくても「ナース人材バンク」のキャリアコンサルタントが転職の希望条件に合致するまで、病院等の医療施設を探してくれるのです。

 

探してくれてあなたもこの医療施設に転職をしたいというふうに合致したのならば、キャリアコンサルタントは面接の設定や面接に対する過去の質問等の傾向などを調べてくれて、あなたにアドバイスをしてくれるのです。

 

また転職先との条件面の交渉もやってくれるので、煩わしい事はすべてキャリアコンサルタントにお任せ出いいのです。
このため普通ならば転職活動でストレスのかかるところがあまりなくて、転職する事が可能になっているのです。

 

これから初めての転職に望む人や、過去に何回か転職したけれどもうまくいかなかった人にも「ナース人材バンク」はお勧めできると思います。

 

ストレスのたまる転職活動よりも、何もしなくてもどんどん希望する転職が見つかる「ナース人材バンク」での転職を検討してみてください。
新しい転職で希望通りの条件で働ければ、今まで勤務した病院ではなかったような楽しみが出来るかもしれません。
転職して余裕ができたならば、資格取得などのキャリアアップをするのもいいですし、休日をいろいろ遊んで充実した時間を持つのもいいと思います。

 

まずは、看護師という資格を捨てる事なく次の新しい転職先で、もう一度頑張ってみてはいかがでしょうか?
新しい未来がきっとそこにはあるかもしれませんよ!

 

 

 

札幌市 35歳

 

私が他の病院の転職を考えたのはまだ20代の時でした。
夜勤のある勤務の大変さがよくわかって来たのでした。

 

最初のうちはやはり働くという意識と、社会人になるというものがあって気力も高かったと思います。
しかし、だんだん仕事いうものがわかって来て普通の企業に勤める友人達と話すようになってきて、やはり看護師の仕事は特別な労働環境の中で働かされていると思うようになってきました。

 

その中でも夜勤は特殊です。
女性職場で夜勤のある職場というのはあまりないのではないでしょうか?

 

しかもほとんどが女性なのです。
人間関係的にもほんとに特殊なんだと思います。

 

夜勤のある生活のリズムみたいなものには、少々なれて来てはいましたが体の疲れというものはなれる事はなくて、どんどん蓄積されて行くような感じでした。

 

一度の夜勤で2、3日の疲れが残ってそのまま次の夜勤という事もありました。
これではいずれ体が消耗して行くような錯覚にもかられました。

 

しかし、20代のうちはまだ我慢しようと言う気持ちが強く働き、なかなか転職に踏み切れませんでした。
30代に入っていよいよ体力もしんどくなってきて、転職を決意したのです。

 

次の転職先では夜勤がないことが必須条件でした。

 

数ある看護師求人サイトから私は、「ナース人材バンク」を選んで登録しました。
その理由は、地域に密着しているからです。
地域毎に病院いに精通している、キャリアコンサルタントという担当者がいるのでお任せする事が出来るのです。

 

札幌市内での転職が希望でしたが、夜勤もなくて給与もあまり落ちような希望通りの病院をキャリアコンサルタントの方が見つけてくれました。
その後のも面接日の設定や細かな条件の確認など、私の代わりにキャリアコンサルタントが方が行ってくれました。

 

転職際しては不安だったのは、転職先の病院の雰囲気や上司との関係でしたが事前にある程度キャリアコンサルタントの方が情報提供してくれていたので安心して入職する事が出来ました。

 

ナース人材バンク」は看護師の転職する人の間でも人気があるとの事ですが、実際に利用してみて納得できました。
これから転職するためにインターネットからの看護師求人サイトに登録しようと考えている方には、「ナース人材バンク」がいいと思います。

 

 

27歳 大阪府

 

看護師を辞めてしまう人や他の病院に移る人ってほんとに多くないですか?
統計的にはだんだん離職率も下がってはいるみたいですが、それでもまだ他の職種と比べて高いらしいです。

 

たしかに女性中心の職場なために、結婚や出産・子育てで辞める人が多いのも確かです。
しかしそれ以外に勤務も過酷さから辞めて行く人もまた多いのが現実です。

 

夜勤や残業での長時間の拘束や休憩時間もあまりとれなくて、立ち仕事が多いのも他の職種と比べてきつく感じると思います。
私の場合もそうでしたが、他の病院もそういった感じに受け取れたのでずっと我慢して働いていました。

 

そんな中、同じ看護師で友人もある人が転職して他の病院で働いている内容を聞いて、探せば勤務も楽な医療機関がある事を知ったのです。
それからというものインターネットでいろいろと調査してみました。

 

その結果、今は看護師の離職も多く不足な病院が多いために勤務を軽減して看護師不足を解消しているところが多くなって来ているみたいです。

 

また、看護師の転職を考えているのならばナースセンターやハローワークよりも看護師求人サイトの方が楽に探せる事がわかりました。

 

ナースセンターやハローワークは、基本的に自分でインターネット上で検索して希望条件に合うところを見つけなければいけません。
看護師求人サイトでは、コンサルタントという担当者に希望条件を伝えておけばその希望条件に合う医療機関を探し出してくれるのです。

 

これは毎日忙しい思いをしています看護師にとっては、労力も少なくなって楽に転職先を見つけ出す事が出来るのです。
私の選んだ看護師求人サイトは、「ナース人材バンク」というところです。

 

ナース人材バンク」には転職した後に貰えるお祝い金はありません。
それでも、転職については信頼がおけるところなのです。

 

ここのキャリアコンサルタントは、希望条件に合うところを見つけ出してくれるのはもちろん面接のセッティングや病院毎の面接における質問の傾向なども教えてくれました。

 

ナース人材バンク」ではこういった細かなサービスもやってくれるのです。
また、地域毎にキャリアコンサルタントがいますのでその地域に転職したい場合には、病院毎の詳しい情報も持っているのです。

 

ですから、自分住んでいる地域ではなくて遠い地域での転職を希望しても詳しい情報を得る事が可能になっているのです。
私の転職先は夜勤のないところを選びました。

 

ナース人材バンク」のおかげで今では、休日もゆっくり休めて充実した日々を過ごせる事ができるようになりました。

 

 

31歳 東京都

 

子供のからの夢だった看護師となってからはあっという間に時間が過ぎて行きました。
覚える事もたくさんあり、患者さんとの対応も冷や汗の連続でした。

 

そんな私でも徐々に看護師という仕事に慣れていってなんとか一人前にやれるようになっていたと思います。
しかしながらそういう中でも慣れなかったのが勤務状態です。

 

仕事の内容自体ならばある程度の事ならば、我慢しながらでも看護師というような業務を続けていく自信はありました。
以前努めていた病院は東京都内にある総合病院でした。

 

その病院での勤務状況は私にとってはハードそのものでした。
私の同僚などは世の中ブラック企業とかで騒いでいるが、この病院こそブラックだと豪語していました。

 

私は騒がれているブラック企業がどのようなものかはよく知らなかったのですが、この病院での勤務を続けて行けばいずれは体を壊してしまいそうな気持ちを持っていながら働いていました。

 

他の病院への転職はこの時点では考えていませんでしたが、漠然と看護師は辞めて全く違う仕事につこうかと思ったりしていたのです。
そんな時に病院の同僚が転職すると聞いてびっくりしました。

 

他の病院にいくのを決めた理由は、夜勤や残業などの長時間勤務による拘束が長いためで、私が不満に思っている事と同じでした。
夜勤が後はなかなか体を休める事が出来ませんでした。

 

部屋に帰っても寝てしまう事が多くて、遊ぶ時間なんて全然取れていなかったのです。
これではなんのために働いているのかわからないものになってしまったいたのです。

 

同僚が転職する際に利用したのが、インターネットから無料で登録から転職まですべて無料の「ナース人材バンク」でした。
私も同僚の話を聞いて転職を目指すのならば、「ナース人材バンク」を利用しようと決めていました。

 

ナース人材バンク」のキャリコンサルタントという担当者は、最初に私と面接してどのような希望なのか懇切丁寧に聞いてくださりました。
それからというもの、すぐに私の希望する条件にぴったりの病院を見つけてもらいました。

 

勤務は夜勤がなくて毎日帰ってからも余裕のある生活をする事が出来るようになりました。
これも「ナース人材バンク」のおかげだと思います。
こんなんならばもっと早くに転職を決めれば良かった思いました。

 

今でもたくさんの看護師が転職を考えていると思います。
我慢する事も大切な事もありますが、我慢しすぎるのはいけません。
健康を害する前に早めに手を打つことを考えた方がいいと思います。

 

そんなときには看護師求人サイト「ナース人材バンク」が役に立つと思います。

 

 

看護師としての理想的な転職を目指して

看護師が仕事を辞めてしまう理由は様々です。
女性特有の理由としては、結婚や出産・子育てなどがあると思います。
また一般企業の退職理由としてあるのが人間関係ではないでしょうか?

 

上司との関係はもちろん医師や同僚、年下との人間関係も考えられます。
その上、セクハラやパワハラ、マタハラなどの今の世の中では多いのかもしれません。

 

そして問題になっているのが看護師の労働環境なのです。
夜勤では人も少なく1人の看護士の責任は重くなりますし、長時間の中でも休憩がなかなか出来ない時もあります。

 

また残業なども当たり前になって来て定時に帰れるのが珍しいといったところもあるのです。
若いうちは仕事もまだ一人前に出来ないので、残業も当たり前で手当もでないなんていうところもあるみたいです。

 

こんなにハードに仕事をしていても見返りとなる給与や手当が、仕事に見合った分貰えていないのが現実になっていると思います。

 

そこで同じ給与や手当ならば少しでも楽な方に流れてみたいと思うのが人間ではないでしょうか?
夜勤や残業がきついのであれば、日勤だけのような募集をしている病院があれば誰しも転職を考えると思います。

 

ただし、よかれと思って転職しても結局は同じ思いを繰り返す事も多いようです。
そのためにも転職を決めたのならば、どこの看護師求人サイトを選ぶかでも転職が成功するかどうか決まるものなのです。

 

ここでおすすめなのが「ナース人材バンク」という看護師求人サイトです。
ナース人材バンク」には、あなたに代わってあなたの希望条件に合致するところを探し出してくれます。

 

地域毎にキャリコンサルタントがいますので、その地域の病院やクリニック等についての労働環境や勤務の実態などにも精通しているのです。
希望条件さえ伝えておけばあなたは、希望通りの条件の病院が見つかるまで待っていればいいのです。

 

見つかった後でも「ナース人材バンク」のキャリアコンサルタントは面接設定や面接の対策、就業条件の交渉などもあなたに代わって行ってくれるのです。

 

他の看護師求人サイトには、お祝い金を出すところがありますが「ナース人材バンク」にはありません。
それでも人気なのは、キャリアコンサルタントの丁寧さにあるのかもしれません。

 

これから看護師の転職を考え、どこを利用するか決まっていない方には「ナース人材バンク」がおすすめなのです。

 

 

↓↓お祝い金はなくても看護師転職実績1↓↓

ナース人材バンク公式サイト

 

↓↓業界最高水準の求人お祝い金12万円↓↓

看護のお仕事公式サイト